筑前大分と西屋敷のメロディーの謎・・・?

以前メールにて、福北ゆたか線の筑前大分駅にメロディで、低音バージョンと高音バージョンの2タイプ存在しているとの情報がありました。

それから、気になってちょくちょく調査をしたところ、複数タイプ存在していることが分かりました。さらに、おみず様より送られてきた音声(低音Ver)では、メロディの鳴り終わるタイミングががわずかに違うことも分かりました。

さらに、同じメロディを導入している西屋敷駅も、同様の現象があることが発覚。最近、西屋敷駅のメロディを録り直した(タイプAとします)のですが、家に帰って現在掲載している音声(タイプBとします)を聞き比べると、曲の長さと音程がほんのわずかに違うことに気づきました。

タイプBの方がわずかに曲が短いことから、西屋敷駅も2パターン存在しているようです。

それから、同じく西屋敷駅を公開されているサイト様の音声を視聴したところ、タイプAで掲載されているサイト様、タイプBで掲載されているサイト様などまちまちであったため、やはり日によって変わっているとみて間違いなさそうです。


・・・・本当にかなり細かいことですが、どうして曲の長さや音程に違いがでているのかは全く謎です。筑前大分に関しては、全てほぼ同じ時間帯に収録したので、時間帯によって変わるのはなさそうです。

もしかしたら浦田駅も別バージョンがあるかもしれませんねw また筑前大分に関しては訪問調査してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード