FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分駅 音声追加掲載

今回は大分駅のページに、ダイヤ改正後に設定された列車や、今まで録り溜めていた音声等を掲載しました。本来はもっと早く掲載する予定でしたが、大分駅の接近放送が「黄色い点字ブロック」に変更され収録を行った為、本日掲載する運びとなりました。JR西日本から始まった「黄色い点字ブロック」の放送、現在はJR東海やJR東日本、さらには一部の大手私鉄にも普及していますが、JR九州でもついに放送が導入されることとなりました。厳密に言えば、いこいの村駅に点字ブロックの放送があるため、大分駅と別府駅は2番目ということになります(但し後に香椎線等に導入された「カンノ型C」の駅は「黄色い線」の為、いこいの村は特殊パターンとなりますが・・・)。現在のところ、福岡地区の駅では変化は見られませんが、もしかしたら既に他の駅にも導入されている可能性もある為、随時調査を行っていきたいと思います。

話は変わりまして、今回掲載した音声の中には定期列車では設定の無い「豊後荻行き」も掲載しています。こちらは今年の2月に降雪の影響で豊後荻から先が運転見合わせになった時に収録しました。大分から豊後荻行きはかなり前ですが定期列車として存在していましたが、現在はありません。また、2016年にバス代行の関係で豊後竹田発豊後荻行きが運転されていたこともあり、遠隔放送も収録していますので、こちらも後日ご紹介したいと思います。

bungo-ogi1.jpg
阿蘇行きが豊後荻行きに変更された

そして収録が難航したのが重岡行き。重岡行きは今年のダイヤ改正で設定された列車で、佐伯~延岡間の列車本数の見直しにより、史上初の815系による重岡折り返し列車となっています。実際は10年以上前にも、大分発重岡行きが運転されたことがあるため(当時の車両は717系?)、長い月日を経て復活したという形になります。

ところがこの815系の重岡行き、ちょっと訳アリダイヤで、大抵大分駅に2分~3分遅れて到着します(汗)。原因は博多行きソニック46号が別府を1分遅れで発車することが多く、その影響で亀川の発車が既に遅れるのと、途中駅で学生の帰宅ラッシュと重なり列車は満員となるため、運行情報アプリを見ると大体2分か3分遅れており、定刻で走っているのを見たことがありません・・・。

本来重岡行きは大分では3分停車するのですが、遅れをその3分で解消するような感じになっています。そうなると、本来流れるはずの停車中案内放送と発車放送が流れない事態となり、この2つの収録はかなり時間がかかりました(汗)。7回目ぐらいで、ようやく1分遅れで到着する日があり、停車中案内放送と発車放送が収録することができました。

shigeoka-1.jpg
いつも遅れている重岡行き・・・

なお、重岡行きは朝にも佐伯発の列車がありますが、こちらも815系での運転である模様です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。