FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区間快速始動

色々と話題になったJR九州の2018年春のダイヤ改正、もといダイヤの見直しですが、いよいよ17日より新ダイヤでの運行が始まりました。実際に新ダイヤで運転を開始するや否や様々な意見が出ているようですが・・・それは置いておきまして、ここでは新しく設定された「区間快速」について自動放送的な面からご紹介していきたいと思います。

今回のダイヤ改正で新設された「区間快速」、名前こそ新種別となりますが、列車自体は今に始まったものではなく、かつて「快速(久留米まで快速)」や「普通(博多から快速)」などの様々な快速区間のパターンで運転されていた列車を、「区間快速」という名称に統一したものとなります。なので、快速区間に入る前の各駅停車区間でも、案内は区間快速と放送されるため、JR九州は快速区間を確認の上利用して欲しいとしています。昼間は主に博多~福間快速や、博多~二日市快速も走るので、普通列車しか停車しない駅では、区間快速しか来ない時間帯も発生し、利用者からすると少々ややこしいかもしれませんが、反面、途中から快速になる列車では乗換無しで行ける為、便利な場合もあります。

rapid-3.jpg
幕は、従来の快速区間を表示していた頃よりシンプルで見やすくなりました

rapid-1.jpg
発車標は、快速区間が表記されていますが、内容は駅によっても異なっています。(写真は久留米駅で、博多から快速のパターン)

そして放送はどのように対応するのかが焦点だったのですが、その答えは「区間快速」という種別パーツに加え、快速区間に関する案内フレーズが追加されたというものでした。例えば、今回掲載した久留米駅を例にすると、福間まで快速の場合は「この列車は途中、福間まで快速運転となります。福間からは各駅に止まります」のように、種別がどこで変わるのかが分かるような内容となっています。また、赤間駅では従来使っていた「○○まで(から)快速」というパーツも併用して放送している例もあります。また案内フレーズが入るのは案内放送と予告放送が基本なので、接近放送や発車放送は単に「区間快速 ○○行き」という放送になる駅が多いです。

今回は久留米駅を掲載していますが、久留米駅を発着する区間快速は全パターンフレーズを収録しておりますので、是非サイトの方でお聞き頂けたらと思います。また、区間快速のみならず、上り1本に激減した有明の放送も掲載しています。1本だけになったので号数設定が無くなり、放送も「有明」のみとなっているのが少し寂しいですね・・・。

今後も北九州地区や他の駅も随時追加していく予定で、もちろんダイヤ改正で登場した様々な列車の放送も掲載して参ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。