東都農行き

今回の更新では、宮崎駅に音声を追加し、東都農駅のページを新規作成しました。宮崎は2015年に接近・発車メロディが導入されているので早く駅に足を運びたかったのですが、今回ようやくページに音声を追加することができました^^; 

宮崎駅は周辺にJACROS放送導入駅が無い為、当駅でしか聞けない放送が満載で、宮崎駅のページでも様々な放送を紹介していますので是非お楽しみ頂けたらと思います。中でも今年のダイヤ改正で通過駅がわずか3駅のみとなった日南マリーン号ですが、それでも停車駅はしっかり全駅放送していたのには感動しました!通過駅が3駅ならそれを案内した方が手っ取り早いでしょうが、そうはせずに停車駅を淡々と告げる所がJR九州の放送らしいなと思った次第です。他にもにちりんの一部がワンマン列車になったりしましたが、ハウステンボス号の時にように特別なフレーズは無く、久留米などで使われていた「この列車は、ワンマン列車です」のフレーズが追加されたのみとなっています。

また朝に1本、当駅での分割する列車が存在しています。宮崎空港行きとして4両編成で到着した後、後ろ2両を切り離し8分後に出る宮崎空港行きとすることで、運転本数を確保しています。またこの列車のみの専用のフレーズが用意されているのも見逃せません。

miyazaki-2.jpgmiyazaki-3.jpgmiyazaki-5.jpgmiyazaki-4.jpg
 到着後は、両方ともワンマン運転に変わる。


さて、今回は宮崎駅ともう一つ「東都農駅」のページを作成しています。東都農駅は今年のダイヤ改正より1本だけですが普通列車の終着駅となり、さらに東都農行きが設定されることはJR九州のプレスにも記載されておらず、時刻表の3月号で突如姿を現したため色々と話題になりました。東都農駅はちょうど宮崎と延岡の中間辺りに位置していますが、駅周辺は田んぼが広がり、さらに駅舎も無い無人駅となっています。また乗降客も極めて少ないです。

・・・ではなぜこのような駅までの列車が設定されたのかと疑問に思うところですが、この東都農行きは元々佐土原行きだったスジを延長した形となっており、高鍋や都農等の利用客の利便性向上が狙いだったようです。しかし、都農は折り返し設備が無い為、折り返しが可能な1駅先の東都農行きとなった・・・という経緯があるようです。

しかし問題なのはここから。この元のスジである佐土原行きの始発が鹿児島中央であった為、今年のダイヤ改正からは鹿児島中央発東都農行きというダイヤとなって運行を開始しました。鹿児島の利用者からすれば、どこだ?なんて読む?という声が出てきそうですが、ダイヤ改正当日、なんと鹿児島中央駅にて「東都農行き」の放送が流れない、そして発車標にも表示されない事態が発生。よく臨時列車で行先パーツが無い駅まで運転される時に起こる「行先パーツが無い状態」で放送されていました。パーツ自体は宮崎で流れているので用意はされていますが、鹿児島中央のROMに入れ忘れたのか、はたまた何かしらの不具合で流せなかったのか・・・気になるところです。ちなみにJACROS簡易詳細型Bの国分でも同様に行先パーツが抜けた状態で放送され、国分にも放送が入ってない模様です。発車標には数日後に表示が出るようになったそうですが、今現在も両駅に放送が入ったのか不明です。特に国分は男声放送なのでできれば早く聞いてみたいところではあります。いずれにしても、ダイヤ改正当日に放送が流れないというのは長年の調査の中で初めてなので、ある意味前代未聞と言えるかもしれません^^;

鹿児島地区は中々足を運べないので、放送を聞いた!という方がおられましたら、是非ご一報いただけますと幸いです。

tsuno-2.jpgtsuno-3.jpg
左が宮崎駅で、右が南宮崎駅の表示。南宮崎の方はバランスが少し偏っている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード