みずほの博多行き

2015年の2月21日、「つばめ326号」にビニールが付着し、九州新幹線は約4時間に渡って運転を見合わせました。今回の更新ではその時収録した音声を掲載しています。

まず、今回の収録で判明したのは、SIRIUS放送に「行先変更放送」が存在していたこと。今まで異常時の放送では「遅延放送」、「運休放送」、「のりば変更放送」を確認していましたが、行先変更放送については確認したことが無く、あるのかどうかも不明な状況でした。この行先変更放送は、基本的に案内放送の一部に組み込まれる仕様になっており、行先の変更を告げた後、そのまま通常の号車案内(案内放送)を行います。なお、取材時は1回だけ行先変更放送単体で流れたりもしたので、タイミングは分かりませんが、場合によっては単体で流れることもあるようです。

また運休放送やのりば変更放送と同じく、発車標にテロップでの案内があります。

kurume-sakura-2n.jpg


この他、運転再開当初は利用客で大変混雑していた為、各駅停車のみずほや、定期には無い博多行きのみずほを見ることができました。発車標や自動放送もしっかりと対応しており、普段聞けない自動放送を耳にすることができました。収録した放送は久留米駅のページに掲載しておりますので、ここでは発車標などの画像をご紹介します。

kurume-sakura-1.jpg
熊本まで各駅と、川内に止まる、変則的な停車駅のさくら

kurume-mizuho-1n.jpg
みずほ博多行きの行先表示

kurume-mizuo-3n.jpg
鹿児島中央まで各駅停車のみずほ。もはやつばめである。

九州新幹線のページにつきましては近日、ホームが無人化され、オリジナルのフレーズが入っている新玉名駅のページを公開する予定です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行き先変更放送が存在していたのは、流石JR九州といったところですね!
博多、小倉の新幹線ホームに導入されているJR西日本の自動放送と比べると、かなり詳細に案内しているんですね!立ち番が補足するような「この列車は大幅に遅れて到着の予定です」などと言う案内までしていますが、これは在来線にも導入して欲しい気持ちが沸いてしまいます。確かにここまで詳細だと、立ち番の補足は必要ないですね!

前の折尾の放送は、当時本州方面に特急が複数出ていた門司と同じ放送でした。私も古い放送の音声は持っておりませんが、確か折尾の博多方面の快速の停車駅案内は、当時は二日市まで案内をしていました。
また、現在の折尾の放送が最初に導入された時の音声はネットに音源が残っており、確認しましたら確かに「案内札○番でお待ちください。」と放送されていました。しかし、推測ではありますが、折尾は赤間や黒崎などと違い、特急の乗車口はほぼ固定ですし、また詳細過ぎる放送だと接近放送や乗り換え案内などの重要な放送まで省略される可能性が高いので、そういった理由から省略したのかもしれません。

また、黒崎の放送は少し訂正で、これもネットで確認したので大変申し訳ないですが、「有明の赤い番号札」ではなく、L特急ソニックの場合「水色、乗車口案内札の2号車から5号車です。」L特急有明の場合「赤色、乗車口案内札2号車から4号車です。」でした。ただ、現在の放送に更新された2005年の一年前には既に「軒下番号札、10番です。」のように、現在の案内にかなり近いものに変更されていました。
因みに、黒崎のスピーカーの一部が、改札口切り替えに伴い、小倉や南福岡などと同じ「JVC」に変更されていました。また、改札口の電光掲示板の時刻表が、博多と同じく、液晶モニターに変更となり、表示列車本数が2本から5本になりましたが、改札機は9つから7つに減らされたかわりに、ICカード専用機が導入されていました。
黒崎の改札口が液晶モニターになりましたので、工事終了後の折尾の電光掲示板も液晶モニターになる可能性が出てきたと思います。

南福岡とスペースワールドは、仰るとおり回送が多かったり、遠方からの利用者が多かったりという理由が一番でしょうが、もしかしたら現在の詳細型の放送や色々な設備の実験として導入された可能性もありますね!スペースワールドの簡易詳細型なら、恐らく前の赤間や陣原と同じ放送だったでしょうね!ただ、もし今になって初めて簡易詳細型が導入されていたとするなら、カーブが激しい長者原の放送には啓発放送がないので、スペースワールドもなかったかもしれませんし、そうなると中期型の「カーブの啓発放送」は消滅していたかもしれませんね。(^_^;)
また、千早だけでなく、旧筑前新宮、福間、赤間、利用者は少ないですが仮に西小倉などの放送も99年までに導入されていたら、南福岡と同じのような丁寧なだった可能性もありますね!
導入する時期によって種類が変わっていた可能性があるのもなかなか面白いです!
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード