謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。今年も当サイトを宜しくお願いします。

今年の初更新は、終夜運転でお馴染みの初詣号の放送と、博多山笠の臨時の音声を掲載しました。初詣号は過去に色々収録している為、真新しい音声はありませんが、去年収録できなかった快速初詣号の男声放送を掲載。そして、9133M初詣号福間行きを新規に収録して掲載しました。この9133M、終点福間からはそのまま2121M博多行きの定期列車になり、時刻表上は「初詣号博多行き」という扱いだった為ノーマークだったのですが、黒崎駅は福間行きと放送されていたので発車放送だけですが収録しました。博多山笠のきらめき91号は2014年に収録してファイルがそのまま眠っており、特に珍しい放送ではありませんが、停車パターンが特殊であった為掲載しております。この臨時きらめき、2008年頃は列車名が「山笠きらめき号」となっていたこともありました(駅の放送はきらめきのまま)。

そして、今年の収録では初めて西鉄の駅にも足を運びました。JR九州と同様に西鉄電車でも終夜運転が行われており、主に太宰府天満宮への参拝客の輸送がメインとなっています。西鉄では放送が更新された際に時刻も言うようになった為、今回は通常は聞けない「2時」と「3時」の放送を収録しました。あくまでJR九州の収録の合間に行った形なので、1時や4時の放送は収録できませんでしたが、近日今まで収録した西鉄の放送と併せて公開する予定です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

赤間駅の自動放送

2月1日現在、赤間駅の自動放送がついに更新されていました!
しかも、何とJACROS詳細・標準型です!
ただ、行く途中に停車中の列車の中から聞いただけですので、3、4乗り場しか確認出来ていません。また、快速→普通列車の緩急接続の乗り換え案内も確認出来ませんでした。

赤間駅の自動放送について2

赤間駅の1、2番乗り場の更新された自動放送について、JACROS簡易詳細型Bと同じく、全ホームで女性(長瀬さん)の声でした。
また、接近前放送は去年香椎の放送が更新ばかりの時と同じく、「まもなく、2番乗り場に、○時○分発、特急きらめき○号小倉行きが6両編成で入ります。」という簡易的な放送でした。ダイヤ改正後に期待です。
案内放送は未確認ですが、去年の香椎の放送と同じく、案内放送もかなり簡易的な可能性が高いと思います。

また、折尾駅の自動放送について、自動放送自体は全く変わっていないのですが、折尾駅の接近放送が少し変わりました。以前は、JACROS初期型の香椎などの接近放送と同じく、接近時に他の案内放送と被らない限りはベルがなりませんでしたが、1月の時点で接近放送が流れてもベルがなるようになりました。ベルの鳴る時間は、以前の戸畑駅の自動放送と同じくらいの長さで、15秒程度と比較的短い時間となっていますが、ベルの音は今まで通り現在の博多などのJACROS標準型の音となっています。

No title

D2005様

コメント頂きましてありがとうございます。

赤間駅の放送は、1月の下旬から何度か試験放送を行って、先週の金曜日(1月29日)に完全に詳細型放送へ移行した模様です。

私が調査したところですと、31日の夜は特急・快速共に号車案内や停車駅の放送は無く、1日の昼間にきらめき号で、号車案内と停車駅が流れるようになっているのを確認しています。その時、「軒下に表示しております、きらめき6両編成の黒い札」というフレーズがありました。また、区間快速系統でも「久留米まで快速」や「久留米まで準快速」と言ったフレーズが新規に流れているので、香椎より放送内容は若干詳細になっているかと思います。恐らく、快速もいずれ停車駅を放送するようになるとは思います。

まだ4番のりばの駅名連呼がセンサーの不調か入らないことがあったり、普通列車なのに「自由席は、指定席は・・・」というバグ放送があったりと、完全ではない部分が見受けられたので、ダイヤ改正後等今後の変化に注目と言った感じですね。

後、乗換放送は同じ緩急接続を行っている二日市にも無いので、同一ホームで各駅停車に乗り換えれる赤間も、もしかしたら乗換放送は設定されていないかもしれません。



返信ありがとうございます!
やはりご存じでしたか!
「久留米まで快速」というフレーズが追加されているなら、もしかしたら香椎も、電光掲示板には「博多から快速、久留米まで快速」などという表示があるので、ダイヤ改正後に香椎にも追加されるかもしれませんね!センサーは黒崎の一番乗り場も以前調子が悪い時期がありましたし、それもそのうち改善されるでしょうから、貴重な不具合ですね!緩急接続は、停車時に隣の車両を見れば分かるから、もしかしたら博多や小倉などの中心駅以外では停車時間も少ないですし、行ってないのかもしれませんね。ダイヤ改正後に改善されるとすると、東福間のパーツは存在するので、準快速の各駅停車区間で停車駅案内が折尾以外でも聞けるようになるかもしれませんね!

今回、赤間が簡易詳細型から標準型に更新されたとなると、今度は利用者数を考えると、特急は止まらないけど、利用者数が南福岡同様10000人を超えている千早や、利用者数はちょっと厳しいけど、標準型の放送を導入されている門司や、スペースワールドよりは利用者数も多いし、通勤時には一部の特急が止まる八幡駅も来年あたりで現在の簡易詳細型Aの導入から10年くらいになりますし、そろそろ簡易詳細型Bか、もしかしたら赤間のように標準型に更新されるかもしれないですね!

折尾は、標準型とはいえ今でも既に導入から10年を超えていますが、今年になってから接近時に必ずベルが鳴るようになったので、駅の改築が完全に終わって、短絡線の乗り場が移設されるまでは、放送は更新されそうにないですね。
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード