ハウステンボス号のワンマン化

皆様ご無沙汰しております、管理人のみどり18号です。サイトの方は随時更新を行っていますが、こちらは約2か月以上更新が滞っておりました。サイトの更新が主に接近放送のみの駅が多かったこともあり、補足することが無かったのでブログが書けなかった次第であります^^; 今後、何かこちら独自でも記事にできるものは無いか考えてはおります。

さて、そんな久々の更新なんですが、タイトルを見て「?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。そう、今年の2015年の改正より、早岐からハウステンボスまでの1区間だけ、ワンマン運転が実施されるようになりました。これもJR九州のコスト削減策の1つ・・・なのかもしれませんがそれは置いておいて、放送面では早岐とハウステンボス両駅に変化がありました。

まずハウステンボス駅では、停車中案内放送に早岐までワンマン運転をする主の放送が追加されています。ちなみにこのワンマンに関する放送は、似たような文面で車内放送でも流れます。そして発車放送の最後には駆け込み乗車の注意喚起の放送が流れるようになりました。ワンマン化に伴いホームにカメラが設置されたり、運転士用のスピーカーが増設されたりしていますが、設備面で一番気になるのは発車ベルのスイッチ。運転室付近に設置された、JR九州ではお馴染みのスイッチですが、鳴らされるのを見たことが無く、どのような音が鳴るのかは不明のままです。ただ発車時は自動で発車放送が流れるので、よほどのことが無い限りは、手動のベルは必要無いのかもしれません。

huis-1.jpg
幕にもワンマン区間が表示されている

なお、ハウステンボス駅には他に初期型放送の欄にに「たびら平戸口行き」の音声を追加しています。ハウステンボス駅は過去にJRから松浦鉄道乗り入れがあった関係で、初期型ならではのトーンの高いパーツとなっています。ちなみに早岐駅のものは、このハウステンボス駅のパーツの一部は流用されず、全てパーツが新規に録りなされたトーンの低いものになっています。多分松浦鉄道の行先では佐々行きとかも用意してあるはずなので、聞いてみたいですね~

そしてその早岐駅ですが・・・、こちらはまた早岐駅のページ更新時に当ブログご説明致します。早岐駅は近日約20程度音声を追加する予定で、他に熊本駅、鳥栖駅、久留米駅、鹿児島中央駅等録り溜めてる音声を続々追加していく予定なので、しばらくお待ちください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

返信ありがとうございます!
長者原は毎回行く度に変化しています(^_^;)
前回行ったときは、原町と全く同じ内容になっていました。やはり香椎線と接続するために、来年までこのまま不安定なのですかね?5月~6月までは放送が門松と同じだったので、確定したものと考えていたのですが(笑) まあ、放送が不安定なので、乗り換え客を含めば篠栗よりも多いと思いますし、まだ自動放送になるかもしれないという淡い期待を持とうと思います(笑)

久留米は拝見させていただきました。貴重だっただけにちょっと残念ですね…。
また、折尾の現行の放送は、改築工事のためにいつ更新されて準快速の案内がなくなるかわからないというのも怖いところです。因みに、折尾ー陣原間の県道281号線踏切は、28日に高架化終了予定でしたが、全く間に合ってないので、現行のホームをもう少し使うつもりなのでしょうから、放送の更新もしばらくは無さそうです。
でも、「陣原、枝光、九州工大前」のパーツを増やしてくれたら、他の駅でも聞けるだけに、ちょっと惜しいですよね(笑)

ついにハウステンボスもワンマン化ですかー(笑)小倉の立ち番廃止、車内販売の廃止、新幹線ホームの無人化、スペースワールドの特急の臨時停車、快速の停車時間延長の休止などの経費削減の一環なのでしょうから、仕方がないのでしょうが、個人的にはソニックとかもめの車内販売が消えたのが残念ですね。特にかもめは新幹線化されたら復活するのかも気になります。
ハウステンボスの駅のホームのベルは、年末年始などの人が多く集まる時でも使わないんですかね?(^_^;)
ベルを見ると、鳴らしたくなる衝動にかられてしまいます(笑)

No title

D2005様

コメント頂きありがとうございます。

折尾駅も、鹿児島本線を移設させる為のホームが着々と完成に近づいていますね。折尾駅の放送は既に標準型である為、次の放送更新は駅が全て完成するまでは無いと思ってますが、仰る案内放送等で準快速の停車駅等、放送内容が変わることはあるかもしれません。新ホームには、恐らく近年JR九州が積極導入している平面波スピーカーが設置されると思うので、音質の良い現行スピーカーの内に収録を進めたいと思ってます。

準快速の放送ですが、恐らく「枝光」に関してはパーツが存在すると考えられます。というのも、1999年夏にスペースワールド駅が開業する前までは、枝光に快速が停車しており、さらには特急も停車していたそうです(特急に関しては、古いゲームですが電車でGO!プロフェッショナルの中の485系にちりん号で、枝光停車になっているのが確認できます)。ただ当時は主要駅でも初期型放送が多く、停車駅を放送する駅は博多しか無かったでしょうから、博多にしかパーツが無い、もしくは他の駅にもあるけど使われていないだけかもしれません。

折尾駅の高架化終了予定は、作業員に聞いたところ、わからないが予定は3月末とのことでした。
平面波スピーカーは音質は良くないですよね(^_^;)コストがかかからないんでしょうね。
ただ、放送更新時に平均利用者数が確実に一万人を超えていた南福岡、香椎、小倉はJVCのスピーカーで、一万人を切っていたまたは切るか切らないかのスペースワールド、戸畑は平面波スピーカーだったと思うので、折尾はJVCかも?と期待しています。折尾は福北ゆたか線も含めてどうせなら全駅案内してくれたらいいんですけどね(^_^;)

枝光の特急4両目の案内札は以前使われていたのですね!そうかんがえると、折尾の旧放送にもパーツがあったかもしれませんね!
因みに「陣原です」のパーツが存在してたことは確認済みなんですけどね(^_^;)
折尾が「次の停車駅は陣原です」の「陣原です」が恐らく長瀬さん、黒崎(元々長瀬さんのはず)が「次は陣原に止まります」の放送があったのは記憶にあるのですが、やはり「陣原」だけのパーツはないのでしょうかね?(^_^;)

長者原の現況報告です(8/1現在)。
1番乗り場はJACROS簡易型の男性、2番乗り場がJACROS簡易型の女性、3番乗り場はやはり上下線ともありませんでした。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

D2005様

毎度ながら返信が遅れまして申し訳ありません。

長者原の件、情報を頂いた後私も長者原に行きましたら、確かにJACROS簡易詳細型Bタイプになっているのを確認致しました。接近放送だけですが、篠栗行きや新飯塚行き、直方行き、折尾行き等が博多以外でも収録できるようになったので、録りに行きたいと思います。但し、今の季節は虫の音等で収録環境が悪いので、冬になる予定です。
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード