ダイヤ改正後の放送について等

今回は、3月15日に行われたダイヤ改正について写真を交えながら紹介していきたいと思います。本当はサイトの更新と同時にこちらも更新したかったのですが、時間の都合等で本日の更新とさせて頂きます。

まずは、今回の改正で一部ホームが高架化した熊本駅です。熊本駅は、新幹線開業後も引き続き在来線の高架化工事が行われており、今年の改正で3,4,5番のりばに当たる部分が高架ホームに移設され、新たに4,5,6番のりばとして営業を開始しています。旧3,4,5番のりばは閉鎖され、今後取り壊し工事が行われるでしょう。なお、全てのホームが高架化される際は「2面6線(切り欠きホームあり)」とされているので、現在の3,4,5番のりば跡地に、1,2,3番のりばが建設されるものと思われます。なお、同時に上熊本駅も高架になりましたが、こちらはまた後日ページを更新します。

放送面では、男声・女声の振り分けは旧3,4,5番のりばと同じな為、4,5が男声、6番が女声となっています。スピーカーは灰色のJVCラインアレイで統一(但し待合室・喫煙ルームには天井型スピーカーあり)され、若干音割れしますが、音質は香椎などに比べると断然良いです。今回の改正では植木行きが増発しており、植木行きの男声放送が聞けるようになっています。快速「くまもとライナー」が普通列車となり、以前と同様田原坂を通過するので、2011年改正以前まで流れていた「田原坂通過」の放送が復活しています。また、完全高架化されるまでは地上ホームと高架ホーム両方使用されるので、到着放送に双方の乗換について簡単な案内が加わっています。他は、鹿児島中央でしか聞けなかった6番のりばの通過放送が聞けるようになったり、スーパーおれんじが2番発着に変更され、男声放送が流れるようになっています。

残る普通長洲行きと、有佐行きは、後日また収録に行って掲載予定です(有佐行きは、去年臨時で運転されたのを掲載しております)。

kumamoto-1.jpg
3,4,5番のりばへの通路は閉鎖された。

kumamoto-2.jpg
スーパーおれんじは2番のりばへ変更。2番のりばは発着列車が以前よりさらに少なくなっている。


続いて大分地区ですが、豊肥本線から日豊本線への直通列車が復活しました。以前運転されていた時は別府行きでしたが今回は亀川まで運転されます。車両はキハ200の2両編成です。遠隔放送の亀川行きが聞けるようになったのが大きなポイントです。その他、大在行きも増発され、朝に女声放送の大在行きが大分で収録できるようになりました。JRおおいたシティの開業が楽しみですね!

oita-1b.jpg
キハ200の亀川行き。


最後に福岡地区ですが、福北ゆたか線に動きがあり、放送的には快速の柚須駅停車と普通列車の九郎原通過の2つが調査の対象でした。吉塚に調査に行った所、快速も「柚須」のパーツが入っており、大方の予想通り「九郎原通過」の放送も用意されていました。なお、九郎原通過に関してはなぜか到着放送と発車放送の後に流れ、あまり意味を成してない気がします^^; 案内放送と予告放送で流すのが妥当だと思いますが・・・今後改善されるのか注目です。

yoshizuka-1.jpg
九郎原通過の列車は、案内表示でも流れる。


鹿児島本線については、JR九州のプレスで特に記載は無く、大きな話題は無いからスルー・・・・・しようとした時、その列車は忽然と姿を現しました。それは「竹下行き」!前回のダイヤ改正についての記事には書いてませんが、今回新たに竹下行きの列車が設定されました。運転は平日朝1本のみ。車両は811系+813系(幕車)の7両です。で、肝心の放送ですが、改正前に竹下行きが設定されるのを知った時、「初期に収録された停車駅のパーツがある駅は、その行先のパーツもある」という私の個人的見解に従い、竹下行きの放送は後付では無く予め用意されていただろうと予測(竹下は、昔から朝に快速が停車するので、停車駅のパーツがある為)。結果、トーン等から放送は元から用意されていたものと思われるものでした。竹下行きの放送が聞けるなんて、いい時代になったものです(笑)。

hakata1.jpg
813系の竹下行き。

miji-1.jpg
収録した門司の案内表示。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

竹下行きが来るとは思いませんでした!
凄いですね!
3月25日現在、柚須の放送は今まで通り、長者原は2番乗り場しか確認出来ませんでしたが、何故かいきなり「列車が到着します、危険ですから、黄色い線の内側でお待ち下さい。」と、乗り場案内が省略されていて、新鮮でした。でも、これなら確か鹿児島県の日豊本線の姶良で採用されている簡易放送も一つしかホームがないはずからそれなら乗り場案内はいらないような気もしますよね(^_^;)
博多も、接近放送と停車中放送では、九郎原通過案内は流れず、肝心の発車放送は駅の方の放送で止まってしまいましたので、確認出来ませんでした(^_^;)
ところで、博多も貨物列車の通過放送が存在してたんですね!知りませんでした(^_^;)

No title

D2005様

コメントありがとうございます。

竹下行きは時刻表を見た時私も驚きました。平日朝に1本のみという設定ですが、今後のダイヤ改正で増えるのかどうか等気になりますね。

長者原は・・・また放送変わっていたんですね^^; あの放送形態でのりばを言わないのは恐らく初めてだ思うので、是非収録に行きたいと思います。1面1線の棒線ホームは、のりば名が定められていませんから、確かにのりば案内は不要かもしれませんね。」

博多駅は、私が確認した辺り快速で「柚須」の放送が入って無かったですが、九郎原通過の放送も無かったんですね・・・。一応案内表示(電光掲示板)には、「柚須」があったり「九郎原には通過しません」が流れてましたが、博多は収録環境が悪いので、吉塚の方に放送入って良かったと思ってます。あと博多駅は、深夜辺りになると貨物列車が通過するダイヤがあるので、通過放送が流れますが専用のメロディがあるわけでも無く、他の駅と同様の放送です。確か深夜の分は、小倉方面の最終が出た後に2番のりばを通過するので、ホームに立ち入ることはできず収録は不可能であったと記憶しています。


返信ありがとうございます!
福北ゆたか線からも竹下行きが来年に出ると面白いですよね!因みに、九郎原通過放送について、黒崎駅では音声は他の案内放送にかき消されて全く聞けませんでしたが、電光掲示板には(九郎原通過)としっかりかかれていたので、もしかしたら放送されるかもしれません!ただ、博多行きの本数が減りすぎて(九郎原通過は1本…)、チャンスがない上に、黒崎専用の「中間、直方、新飯塚経由」の放送がなかなか聞けなくなったのが残念ですよね(^_^;) 5月頃に折尾駅の新しいホームが完全しそうな感じなので、その際に1~7乗り場まで出来ますので、そこでどういった放送に更新されるのかが気になっています。出来れば「中間、直方、新飯塚経由」版だと面白いですけどね(^_^;)
長者原の放送は、私なりに考えてみましたが、原因としては、香椎線のJACROSの導入が遅れたため、暫定的に今の放送で止めた可能性がある、または、現在の西小倉の放送の一つ前のJACROS簡易型放送は、一度更新されたことがありまして、その時に乗り場案内のみJACROS詳細型、それ以外は簡易型で、遅れ放送も確認出来ていなかったので、特殊な簡易型として私自身認識しておりました。もしかしたらその特殊な簡易型の可能性もあるのではないかと思いますが、どちらにしても数回確認する必要がありますよね!私も来週の金曜日に長者原を利用する予定なので、その際にもう一度確認しようと思っています。

博多駅の貨物列車通過放送は、丁度13時台の九郎原通過普通列車を狙っていたときに、たまたま流されました!しかもまさかの7番乗り場です!7番乗り場の通過放送とか存在してたことに興奮してしまいました。こうなってくると、小倉の8番乗り場通過放送の存在にも期待してしまいます!

とりあえず、次の楽しいとしては、私としては来年の放送の更新が楽しいです。狙っている場所は、陣原の更新前の放送と同タイプの赤間の放送です。これが西小倉型になるのか、それともJACROS詳細型に更新されるのか、またはそのままなのか。ただ、この前の確認で、今は使われていない旧1番乗り場が工事していたので、次回の更新の可能性は高いのではないかと思います。赤間のあの「特急博多行き」などの、あの間のない標準型と変わらない詳細な内容の放送に、旧小倉や戸畑のベルが4回には分かれるものの、未だに使われているのが貴重なんですけどね(^_^;)
そろそろ限界のような気がしてしまいます。こうやってみると、かなり放送が更新されてきてますね。

No title

D2005様

返信ありがとうございます。

黒崎の放送は、「普通(九郎原通過)」という感じの表示ですが、九郎原通過についての放送は特に何も入ってなかったです。「中間・直方・新飯塚経由」の放送は、女声については小倉から来る列車が朝にまだ残ってるので問題無いですが、4番のりばから出ていた昼間の列車が消滅して、男声放送が乗換放送を除くと聞けなくなってますね。一応男声は改正前に収録しておいたので、近日黒崎駅のページに音声を大幅に追加する予定なので、その際掲載いたします。後、折尾駅の完成は2020年度辺りだそうで、新ホーム・駅舎が完成するのはまだ当分先です。その時は今の放送のままか、もしくは違う声になってたりするかもしれませんね。

博多駅の7番のりばの通過放送は、初めて知りました。通過放送は今まで0番~6番までしか確認してなかったので(0番の通過放送は原田駅で確認)、これは今度録りに行ってみたいです。恐らく通過放送はJR九州管内で存在する(した)9番までは用意してあると思いますので、後は通過列車が設定されるかどうかですね。

長者原駅に一昨日行ったら、また変わっていました…。今度は残念ながら完全にJACROS簡易型となってしまっており、3番乗り場は何も放送はありませんでした。このまましばらく変わらなければ、この放送で確定か、来年以降までは変更がないと思います(^_^;)博多駅は、相変わらず停車駅案内に柚須を入れない、九郎原通過を言わないなどでした。南福岡の予告放送って、いつ頃から初期型から現行の「まもなく、○番乗り場に、○時発快速○行きが○両編成で入ります。」の詳細に変わったんですかね?(^_^;)聞きに行ったら変わってました…。

黒崎の更新は楽しみにしています!今は2両編成と4両編成で、「博多側ホーム先端から、待合室付近に停車します」や、「博多側階段から待合室付近に停車します」などがあるので面白いですよね!工事の為にホームに屋根のない所が更に増えるのは嫌ですが。
しかも工事終了まで4年かかるみたいですし。折尾と一緒に工事が終わりそうですね。
私の折尾の高架線化の根拠は、福北ゆたか線の新トンネルの工事終了が5月までとかだったからなのですが、7月までに伸びてるので、予想が外れてしまいました。まあ、折尾ー陣原間の県道281号線の踏切の高架線化の工事終了時期が、最初は去年の12月27日まででしたが、今は7月末終了予定とどんどん遅れているので、いつになるかは分かりませんよね(^_^;)
ただ、いつ放送が更新されてもいいように、身構えておこうと思います!
福北ゆたか線の運行形態も、大半が博多ー直方、直方ー折尾(黒崎)に分けたのも、頻繁にダイヤ改正が出来る様にするためなんでしょうかね。(^_^;)

No title

D2005様

返信ありがとうございます。

長者原の放送は定まりませんね^^; 完全に更新されたのなら、近い内に収録に行きたいところですが、香椎線のホームに放送が無いのは気になります。JR九州の資料では、香椎線の放送は、雁ノ巣と海ノ中道以外の全駅となっていたので、実は長者原も対象外だったのか・・・謎ですね。あと、博多駅の九郎原通過の放送は、到着放送の乗換放送の後に流れているのを確認しました。フレーズは吉塚のものと同一です。

南福岡の予告放送は、2010年7月頃に流れるようになりましたが、当時の放送は標準型の中でも古いタイプ(1999年に導入されたグループ)であったので、同グループである戸畑、行橋と同じ「○○行きが入ります」の放送でした。そして2012年2月にスピーカーの取り替えと同時に放送も更新され、予告放送が他駅と同様編成案内版になりました(元々標準型なので、更新後も予告放送以外はほとんど放送内容に変化は無し)。っと、当サイトの南福岡のページは情報が古いままでしたね^^; 今年度からは全列車に方面フレーズも入ったので、こちらも収録をしないといけませんね。

福北ゆたか線のダイヤは、昼間の快速列車のほとんどが3両化しているので、車両運用の都合だと聞いています。ただ、折尾駅の今後の工事状況とダイヤの変化には注目していきたいですね。

自動放送の資料があったのは知りませんでした!多分長者原は今度こそしばらくは変わらないとは思うんですけどね(^_^;)
今月末くらいに多分行けるので、そこで確認したいと思います。もしこれで確定していたら、今年度の香椎線の方の更新は諦めたとみても良さそうですね(^_^;)
博多は九郎原通過放送が流れましたか!こうなってくると来年以降篠栗や新飯塚の放送にも入らないかと期待してしまいます。というか、九郎原停車は各駅停車とかの呼び名に変えた方が分かりやすいような気もしますが、そこは考えないでおこうと思います。

南福岡は結構前なのですね…。ただ、方面案内が導入されたばかりで行けたのは運が良かったです!

折尾は、やはり工事が遅れまくってます。
現状7月28日に近くの鹿児島本線の踏切が高架化完了となっていますが、間に合いそうにないというのが今の印象です。鷹見口の改札が集約されるのは、当分先の様な気がしてきました。もしかしたら、黒崎の改装工事終了(5年後)よりも時間がかかったりして…(^_^;)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

竹下行き列車について、これはダイヤ設定における考え方としてある種の柔軟性を感じ、個人的には好感を持ちました。回送区間を最小限にして乗客が乗車できる区間を最大限になるようにする、そういう感じの考え方。

ただ、割合的には少なくても遠方から来られる乗客にとって「竹下駅」は普通のみの停車であり地理的な感覚の点で判りづらいと思われるので、「博多経由竹下行き」のような案内をすれば尚良いだろうと思いました。
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード