豊肥本線(熊本側)調査

9月下旬の某日、久々に豊肥本線の熊本支社側の調査を行いました。一番の目的は、いこいの村駅の放送が残っているかどうか。いこいの村には、JACROS放送でお馴染みの長瀬さんが、「列車が近づきます」と放送するここだけの珍しい放送がありましたが、最近は各地で古い放送が次々と置き換えられているので、その確認がメインでした。

途中の駅も確認したところ、東海学園前や光の森、武蔵塚、三里木、原水、肥後大津、瀬田がカンノボックススピーカーからソノコラムに置き換えられていました。一部の駅で行き違いなどで確認したところでは、放送は九州カンノ型Bのままであったので、スピーカーのみの取替えの模様です。遠隔予告放送も変化無しでした。

立野は、茶色のカンノボックススピーカーのままで接近放送は相変わらず無し、途中市ノ川、内牧、阿蘇もソノコラムに置き換え。そしていこいの村に到着し、元カンノスピーカーがあった場所を見ると、ソノコラム(ミニ)が!よく考えると、石打ダムもソノコラムになったけどメロディ残ってたので、ここもそのままでは無いか?と若干期待しました。

そして、放送が入りますが九州ベルのあと、男声放送(田尻さん)で「まもなく列車が入ります・・・」 これは旧放送は消滅か~と思いながらも、微妙に放送のイントネーションがいつもの九州カンノ型Cとは違う?そしてその後驚いたのが・・・

「危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がり下さい」    ・・・・点字ブロック!? 

JR九州管内には「黄色い点字ブロック」のフレーズがある駅はありませんが、この放送で思い浮かぶのはお隣のJR西日本でしょう。JR西日本では、新幹線や在来線駅でも「黄色い点字ブロックまで・・・」という放送を使っています。九州で近いところでは、下関駅でもこのフレーズを耳にします。この放送は、声優が同じことから「九州カンノ型C」として分類していますが、放送のイントネーションを聞く限り、既存の九州カンノ型Cの放送とは別物です。

なぜいこいの村にこの放送が入ったのかは謎ですが、基本的にここ最近は普通の九州カンノ型Cが普及してますので、もしかしたらここだけの限定放送になる可能性もありそうです。今後他の駅にも導入されるのかどうか・・・注目です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード