スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウステンボス号のワンマン化

皆様ご無沙汰しております、管理人のみどり18号です。サイトの方は随時更新を行っていますが、こちらは約2か月以上更新が滞っておりました。サイトの更新が主に接近放送のみの駅が多かったこともあり、補足することが無かったのでブログが書けなかった次第であります^^; 今後、何かこちら独自でも記事にできるものは無いか考えてはおります。

さて、そんな久々の更新なんですが、タイトルを見て「?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。そう、今年の2015年の改正より、早岐からハウステンボスまでの1区間だけ、ワンマン運転が実施されるようになりました。これもJR九州のコスト削減策の1つ・・・なのかもしれませんがそれは置いておいて、放送面では早岐とハウステンボス両駅に変化がありました。

まずハウステンボス駅では、停車中案内放送に早岐までワンマン運転をする主の放送が追加されています。ちなみにこのワンマンに関する放送は、似たような文面で車内放送でも流れます。そして発車放送の最後には駆け込み乗車の注意喚起の放送が流れるようになりました。ワンマン化に伴いホームにカメラが設置されたり、運転士用のスピーカーが増設されたりしていますが、設備面で一番気になるのは発車ベルのスイッチ。運転室付近に設置された、JR九州ではお馴染みのスイッチですが、鳴らされるのを見たことが無く、どのような音が鳴るのかは不明のままです。ただ発車時は自動で発車放送が流れるので、よほどのことが無い限りは、手動のベルは必要無いのかもしれません。

huis-1.jpg
幕にもワンマン区間が表示されている

なお、ハウステンボス駅には他に初期型放送の欄にに「たびら平戸口行き」の音声を追加しています。ハウステンボス駅は過去にJRから松浦鉄道乗り入れがあった関係で、初期型ならではのトーンの高いパーツとなっています。ちなみに早岐駅のものは、このハウステンボス駅のパーツの一部は流用されず、全てパーツが新規に録りなされたトーンの低いものになっています。多分松浦鉄道の行先では佐々行きとかも用意してあるはずなので、聞いてみたいですね~

そしてその早岐駅ですが・・・、こちらはまた早岐駅のページ更新時に当ブログご説明致します。早岐駅は近日約20程度音声を追加する予定で、他に熊本駅、鳥栖駅、久留米駅、鹿児島中央駅等録り溜めてる音声を続々追加していく予定なので、しばらくお待ちください。


スポンサーサイト
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。