スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香椎駅放送更新

今月13日より、ついに香椎駅の放送が更新されました。毎年毎年香椎の放送はどうなるのか・・・と思っていましたが、結局最後まで残る形となりました。香椎駅の放送更新に伴い、JACROS詳細型放送は全駅で統一が完了ししたと同時に、初期型放送は完全消滅となりました。


最初に動きがあったのが去年の10月で、私が確認した時点で全ホームにJCVラインアレイの設置工事済みでした。それからしばらく目立った動きはありませんでしたが、今年の2月に入って制御センサー(動能センサー)の点滅を確認しました。そしてこれは来週放送にも変化が来るのでは?と予測し月曜日(9日)に出向くと、予想は的中。標準型が試験的に稼働していました。この時はまだ本稼働では無かったので、初期型のシステムも生きており、流れていた自放音源も収録することができました。ちなみにこの日は、18時時点でまた初期型に戻っていたそうです(友人確認)。

そして、13日に完全更新・・・という流れです。前日の12日夜の確認ではまだ初期型が流れていたのと、13日の確認時点で初期型スピーカーが撤去されていたので、放送が完全に更新されたのは13日からということになります。

kashii-2.jpg
香椎は旧スピーカーの撤去がかなり早かったです^^; 12日の深夜に一斉に撤去したものと思われます。

kashii-10p.jpg
1番のりばの天井型スピーカーも、撤去され塞がれています。


さて香椎駅の新放送ですが、一番のポイントは香椎線の放送(宇美行き、西戸崎行き、雁ノ巣行き)の標準型バージョンが聞けるということ。西戸崎行きはかつて博多からの直通があったそうで、その時博多で流れて以来でしょうか。その他「長者原方面」のパーツが新規になったり、新たに「海ノ中道方面」というフレーズも入ったりと見所満載・・・ではありません^^;

もうサイトのページでも紹介してますが、案内放送・予告放送で編成案内外何も無く、かなり物足りない仕上がりになってます。その他2,3番のりばがかなり悪音質、期待していた区間快速(博多まで快速など)や、香椎線の分割放送のフレーズが何も無い・・・など全体的に簡素な感じになっています。香椎線の分割列車に関しては、数名の駅員が階段の所で案内を行っており、特にフレーズは必要ないのかもしれません。また、放送の出だしに謎の「頭切れ」が度々起こっていたりもします。

放送内容に関してはまだダイヤ改正を控えていますので、その時変化が出るかもしれないので、確認次第収録して行きたいと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。