スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ななつ星in九州

もう皆さんご存知、豪華寝台列車「ななつ星in九州」。今回の更新ではこのななつ星の放送を新規掲載しております。

ななつ星と言えば、私も放送を確認するべく10月15日の運転開始初日に博多駅へ出向きましたが、発車標には「ななつ星」と出ていたものの、その時は自動放送は何も流れませんでした。博多駅は何も無しという状況でしたが、ななつ星はルート上いくつかの詳細型放送導入駅を経由する為、他の駅では何かあるかもしれないと少しずつ調査をしてました。

そして10月26日には長崎を通る1泊2日のコースもスタートし、佐賀・長崎地区の調査の計画を立てていた矢先、ある方から驚く情報を頂きました。「諫早駅で自動放送がななつ星って流れたみたいです」 その方の話では諫早のホーム先端付近で撮影されていた時に、ホームの方から「ななつ星」という音声が聞こえたとのことでした。しかも、発車標にも「ななつ星 長崎」と出ていたとのこと。

これは今すぐにでも調査に行きたかったのですが、11月初旬までは仕事で土曜日の休みを取っておらず、11月中旬に行く計画にしました。調査に行くまで情報収集をしていたのですが、ななつ星の自動放送を聞いたという記事を目にしたので、放送があることは間違い無い・・・はずだったのですが、いざ11月の土曜日に諫早へ行くと、発車標に「ななつ星」の表示は無し・・・。

JACROS放送は発車標と連動しているので、表示が出ていないということは、放送は流れないのでは無いか?と思ったのですが、不安は的中。放送は全て「団体列車」となっており、ななつ星とは放送されず・・・。結局夕方の長崎行きと、早岐行きも団体列車と放送され、ななつ星の放送は録れずに終わりました。

もっと早く来ておけば・・・と後悔しましたが、10月の運転開始当初は放送があって、11月は流れないのなら、12月に入ったらまた設定が変わるのではないかと思い、ダメ元で12月に再訪問することにしました。そして、再び諫早に降り立ち、いざ発車標を確認するとなんと「寝台ななつ星 長崎 13:13」の表示が!・・・前置きがダラダラ長くなりましたが、こうして無事にななつ星の放送を収録することができました。

SevenStars-01.jpg
長崎行き

SevenStars-02.jpg

SevenStars-04.jpg
18時35分出発分は、早岐・佐賀・鳥栖を経由し一旦阿蘇まで走りますが、行先は早岐となっています。

ななつ星は団体専用列車である為一般の方は乗車できませんが、発車標には時刻も出ており、パーツは「ななつ星」と流れ、in九州は省略されてます。種別はやはり「特急」のようです。放送も他の列車と同じく案内放送、予告放送、接近放送、停車中放送、発車放送が流れました。ちなみに他駅でも、団体列車の時刻・行先を放送するケースは稀にあります。(例えば大分駅で流れた「普通別府」や、リバイバル寝台で小倉で流れた「特急門司港」等)

現時点では諫早でのみ確認していますが、今後他の駅でもパーツが使われるかどうか注目です。なお、肥前山口、早岐、宮崎、鹿児島中央が未調査なので、今後も調査を行っていきます。

音声はサイトに掲載しておりますので、諫早で撮影した写真をいくつか紹介します。

SevenStars-05.jpg
車両がテカテカなので、自分が写り込まないようにしないといけないから大変ですw


SevenStars-06.jpg
諌早~長崎間では何度か往復するので、最後部にはDE10が連結されます。

SevenStars-07.jpg
形式名はマイネとなってます。鉄道業界ではよくグリーン車や指定席を「ロザ ハザ」と言いますが、イの記号は約50年ぶりの復活だそうです。その昔一等車であった「イ」を名乗るななつ星が、いかに特別な車両であるかということが分かります。



スポンサーサイト

小倉駅音声追加

今回の更新で、長年放置されていた小倉駅のページを更新し、音声を大幅に追加しました。小倉駅の音声に関しては多くのご要望を頂いており、長い間お待たせしまして申し訳ありません。音声も、当サイト内の他のページの群を抜いて90ものファイルをご用意しました。

収録自体はもう何年も前から行っていたのですが、途中で収録に行かなかくなったりした期間もあり、収録が完了するまで長い月日を要しました。通常他の詳細型放送の駅は、1日張り込んでNGだったものを再度録り直す、という形で収録しますが、小倉駅は時間がある時に少しづつ収録して、1つ1つ押さえていく感じで録って行きました。何より、小倉駅は立ち番がいる為、毎日必ず録れるわけでは無いので(肉声が被ったり、ベルが多めに被ったり等)、1発で中々録れず、行ける日も限られてるので結構苦労しました。

また、収録中ダイヤの乱れにも何度か遭遇し、普段録れない放送も収録しました。例えば、小倉で分割する門司港・博多行きは、珍しく2つの列車をまとめて放送する遅延放送が流れました。他では聞いたことがないので、恐らく小倉限定の遅延放送だと思われます。他に停車時間が無いので普段滅多に流れない「普通苅田」の発車放送や、22時15分発の博多行きと被って収録がしづらい「普通飯塚」の折り返し放送等も掲載してます。中期型(初期型でも)で流れる折り返し放送は「○○行き」単体パーツが使われ、今は小倉でしか収録できませんから折り返し系の放送も多彩に収録しました。

収録列車も、1日1本の列車はもちろん、分割・増結放送や貨物列車の通過放送、停車駅を亀川までしか言わないソニック47号等、細かい部分も含めて紹介しています。とにかく様々な放送を収録しましたので、小倉駅の放送を存分にお楽しみください。


・・・とは言ったものの、小倉駅はいつ放送が標準型に更新されてもおかしくありません。標準型になれば男声放送も入るでしょうし、メロディが導入される可能性も考えられます。放送が更新されたら、また収録は長期戦になるかもしれませんね^^; 
プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。