来年のダイヤ改正

先日、JR各社が来年のダイヤ改正の概要を発表しましたが、JR九州はと言うと、特に目立った変化はないようです^^;

個人的に注目しているのは、新規設定される「さくら 広島行き」の放送くらいですね。長崎本線では小長井延長運転とか書いてあったので期待しましたが、小長井行きではなくて、小長井始発なんでスルー。

他には、運転停車が名物の快速豊肥ライナーが、ついに普通列車の格下げされたりするそうです。あれ、収録の時に見ましたが、あんまり人が乗ってなかったような・・・。まあ、全部各駅停車にして、時間を均等にした方が利用者にとっても便利でしょうね。

新幹線では、つばめの小倉行きが、早くも消滅の模様。去年登場したばかりなのに、もう廃止ですか^^; 小倉まで走らせても、あんまり需要が無かったのかもしれません。(実際乗ってないので、どれほどの乗車率かは分かりませんが・・・)


それより、いつぞや夏に運転された幻の「さくら 岡山行き」、高音質で再収録したいので、また運転してくれー!岡山行きは放送があったので、広島行きも放送は前もって準備されているでしょうね。多分、こだまで設定されている「新山口行き」も放送自体はあると思う。というか、さくらが止まる駅+京都・名古屋・東京行きぐらいのパーツは全てありそうな予感・・・。
スポンサーサイト

水戸岡列車

現在、水戸岡鋭治の幸福(しあわせ)な鉄道展というものが開催されており、その記念列車として、臨時快速「水戸岡鋭治の幸福な臨時列車」が運転されています。この列車は、SL人吉の客車を黒色のDE10が引率し、博多~門司港を1往復するそうです。(運転日などはJR九州のHPなどでご確認下さい)

そんなわけで、自動放送がどうなってるのか確認に行ってきました。


mitoka-2.jpg

mitoka-1.jpg

駅の案内表示は水戸岡幸福列車と出ていました。英語表記も水戸岡列車仕様になってるところがいいですね!


肝心の自動放送の方は、大方の予想通り「快速 門司港行き」と放送されていました。停車駅も香椎、福間、赤間、折尾、門司港の順に放送してました。いかにフレーズが多いJR九州の放送でも、期間限定のイベント列車などは、専用の放送が流れたことは過去に無かったからね。この水戸岡トレインが毎年走るようになれば、フレーズが準備されるでしょう(ありえないけど・・)。香椎では簡易放送、折尾では種別無しで「門司港行き」とだけ放送されていました。

・・・という感じで、特に珍しいパーツも無く、折尾で水戸岡列車を見送って終了。ちなみに列車は途中から貨物線を経由するようですが、個人的に興味は無いのでそのまま帰宅。


さて、話は変わって、今日は神埼行きの放送を掲載しました。神埼行きと言えば、かつてはバルーンフェスタ号で存在していましたが、鳥栖発着主体になってからは、運転されていません。ところが、2011年にウォーキング臨で突然復活し、今年も去年同様に運転されました。

kanzaki.jpg
鳥栖駅2番のりばから発車するので、バルーンでは聞けなかった男声放送が流れるがポイント!車両は415系。





プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード