FC2ブログ

最近の臨時

大変ご無沙汰しております。11月以来のブログ更新でございます(汗)。今回は4月に運転された個人的にアツかった臨時列車についてご紹介します。


・普通 緒方行き

4月13日に運転された臨時列車です。この日は、緒方駅をスタート地点とするJR九州ウォーキング(当日誰でも参加できるJR九州が主催するウォーキングイベント)が行われており、その参加者の為の臨時列車だったようです。また、緒方駅は折り返しが可能な構造の為、緒方行きとして運転された後、そのまま折り返し中判田まで運転されたりしています。

なお、緒方まで走る列車はかつて大雨の際の運転見合わせであったようですが、臨時列車として運転されたのは初めて目にし、放送も初めて耳にすることとなりました。過去、ウォーキングイベントでは過去豊肥本線では竹中行き等も運転されているので、今後もどんな列車が設定されるか楽しみですね。


・普通サガントス号 鍋島行き

3つの中で非常に珍しかったのが、この鍋島行き。この列車は「サガントス号」としての設定で、サガントス号は本来佐賀までの運転ですが、この列車に限り1つ先の鍋島までの運転となっていました。佐賀の1駅先に当たる鍋島は2面3線で折り返しも可能ではありますが、時刻表を見るとこの鍋島行きが佐賀に到着する数分前に、臨時かもめの佐賀行きが走っており、ホームを塞いでしまうからだと思われます。佐賀は2面4線で、鳥栖方面からは1番と3番に入線可能で折り返しができますが、1番はかもめ、3番は唐津線の列車がいるため、2番に入れて、そのまま鍋島まで客扱いをした・・・という感じでしょう。

そして特筆すべきは自動放送のパーツがあったこと。とは言え、過去バルーンフェスタ号で「鍋島には」のパーツが佐賀駅で使われていたので、恐らく鍋島行きのパーツはあるだろうと予想はしていました。基本的に駅名関連パーツは全てセットで用意されているので、「鍋島には」が確認できればその他「鍋島行きは 鍋島です」等もあることになります。

ここで疑問になるのが、なぜ鍋島関連のパーツが用意されたのか?という点です。考えられるのは、2011年より設定された、バルーンフェスタ号の快速列車運転開始でしょう。2011年からバルーンフェスタ号では快速列車の設定が始まり、この時佐賀~肥前山口間は各駅停車でした(停車駅は新鳥栖、中原、吉野ヶ里公園、神埼、佐賀、鍋島、久保田、牛津、肥前山口)。

この時、「鍋島、久保田、牛津」のパーツが無いので、各駅とも停車駅は放送されていませんでした。そして、2012年の運転に向け「鍋島、久保田、牛津」のパーツを用意し、実際に停車駅も放送されるようになったのですが、結局鍋島は通過になってしまったので、鍋島のパーツも用意だけはしたけど使って無い。けど佐賀ではその中の「鍋島には」だけが使われた・・・ということだと管理人は考えています。基本的にナレーターさんによる放送の新規収録はダイヤ改正に向けてなので、春前までには行われるだろうし、流石にその時にはバルーンフェスタ号が鍋島通過のダイヤになるのは決まっていないと思います。逆に言えば、2011年時点で既に鍋島通過のダイヤであったら、鍋島関連のパーツは用意されていなかったかもしれませんね。

ちなみにサイトには載せていませんが、佐賀駅の発車標はなぜか手打ちしたかのように文字の間隔がズレてるものでした。

nabeshima-local.jpg
放送パーツはあったが、発車標は予めフォーマットが用意されていない模様?


・快速有田陶器市号 上有田行き

ついに復活!!と心待ちにしていた?のがこの上有田行きです。長崎方面からの有田陶器市号は、2011年を最後に上有田行きは消滅し、2012年からは武雄温泉行きとして運転されるようになりました。実は上有田行きは本格的に収録をしたことが無く、いつかまた運転してくれないかと望んでいたのですが、今年は長崎新幹線工事に伴い武雄温泉駅の3番線が閉鎖された関係か、長年の時を経て上有田行きが復活することとなりました。その反面、武雄温泉行きは消滅ということになります。

ちなみに早岐駅では6分停車し、案内放送が流れないので(早岐は、普通・快速の案内放送は5分前)、案内放送だけはお隣のハウステンボス駅にて収録しています。

rapid-kamiarita.jpg
武雄温泉行きの時は、臨時の表示でしたが、また上有田の表示を目にすることができました。

今回は長文失礼致しました。今後もこのブログも定期的に更新するよう頑張ります!

スポンサーサイト

10年目 ありがとうございます

遅くなりましたが、サイトのトップページに掲載している通り、10月21日に当サイトは10年を迎えることができました。いつもご覧頂いている皆様には深く感謝申し上げます。更新頻度は、サイト開設当初より減ってはいますが、収録等は変わりなく度々足を運んでおり(掲載の順番待ちをしているファイル多数 汗)、今まで収録してきた音声もできるだけ早くお届けできればと思います。次は20年目・・・を目指してマイペースに更新してい参りますので、今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。

最後に今年のバルーンフェスタの臨時について少しご紹介します。近年はダイヤが固定しておきており、今年は何も録る物は無いかなと思っていましたが、まさかの早朝に、「快速 肥前浜行き」が登場しました(笑)。しかし早朝と言えどバルーンフェスタ号では1番列車で、鳥栖が5時37分発という中々足を運ぶのが難しいダイヤ。しかも佐賀と、鳥栖両方収録・調査しないと行けない為、朝早く起きてかもめ89号を利用することとなりました。

放送は、大方の予想通り佐賀は停車駅放送無し、鳥栖は肥前山口まで案内する形でした。快速肥前鹿島行きが毎年運転されているので、肥前白石と肥前竜王のパーツを用意してもいい気はするんですが・・・。肥前白石のパーツはなぜか佐賀駅に用意されていましたが、読み方が「ひぜんしらいし」と間違っていたので、恐らく今後も使われることは無いでしょう。また、車両は415系1500番台だったので、「快速」のみの行先表示だったのが残念です。

rapid-hizen-hama.jpg
佐賀駅の発車標。肥前浜行の10分後にも臨時が出ているが、土日はバルーン会場に向かう乗客で早朝から大混雑する。



大分駅 音声追加掲載

今回は大分駅のページに、ダイヤ改正後に設定された列車や、今まで録り溜めていた音声等を掲載しました。本来はもっと早く掲載する予定でしたが、大分駅の接近放送が「黄色い点字ブロック」に変更され収録を行った為、本日掲載する運びとなりました。JR西日本から始まった「黄色い点字ブロック」の放送、現在はJR東海やJR東日本、さらには一部の大手私鉄にも普及していますが、JR九州でもついに放送が導入されることとなりました。厳密に言えば、いこいの村駅に点字ブロックの放送があるため、大分駅と別府駅は2番目ということになります(但し後に香椎線等に導入された「カンノ型C」の駅は「黄色い線」の為、いこいの村は特殊パターンとなりますが・・・)。現在のところ、福岡地区の駅では変化は見られませんが、もしかしたら既に他の駅にも導入されている可能性もある為、随時調査を行っていきたいと思います。

話は変わりまして、今回掲載した音声の中には定期列車では設定の無い「豊後荻行き」も掲載しています。こちらは今年の2月に降雪の影響で豊後荻から先が運転見合わせになった時に収録しました。大分から豊後荻行きはかなり前ですが定期列車として存在していましたが、現在はありません。また、2016年にバス代行の関係で豊後竹田発豊後荻行きが運転されていたこともあり、遠隔放送も収録していますので、こちらも後日ご紹介したいと思います。

bungo-ogi1.jpg
阿蘇行きが豊後荻行きに変更された

そして収録が難航したのが重岡行き。重岡行きは今年のダイヤ改正で設定された列車で、佐伯~延岡間の列車本数の見直しにより、史上初の815系による重岡折り返し列車となっています。実際は10年以上前にも、大分発重岡行きが運転されたことがあるため(当時の車両は717系?)、長い月日を経て復活したという形になります。

ところがこの815系の重岡行き、ちょっと訳アリダイヤで、大抵大分駅に2分~3分遅れて到着します(汗)。原因は博多行きソニック46号が別府を1分遅れで発車することが多く、その影響で亀川の発車が既に遅れるのと、途中駅で学生の帰宅ラッシュと重なり列車は満員となるため、運行情報アプリを見ると大体2分か3分遅れており、定刻で走っているのを見たことがありません・・・。

本来重岡行きは大分では3分停車するのですが、遅れをその3分で解消するような感じになっています。そうなると、本来流れるはずの停車中案内放送と発車放送が流れない事態となり、この2つの収録はかなり時間がかかりました(汗)。7回目ぐらいで、ようやく1分遅れで到着する日があり、停車中案内放送と発車放送が収録することができました。

shigeoka-1.jpg
いつも遅れている重岡行き・・・

なお、重岡行きは朝にも佐伯発の列車がありますが、こちらも815系での運転である模様です。

区間快速フレーズ一挙掲載!

今回の更新では、鹿児島本線を走る区間快速全てのフレーズ(「この列車は途中、博多まで各駅に停車し、博多からとなります」というもの)を掲載しました。 本来はもっと早く掲載したかったのですが、パソコンの不調で音声ファイルの編集に時間がかかったり、見落としていた区間快速が発見されたり、一部の列車で収録が難航したりで、結局掲載はダイヤ改正から2か月近くを要してしまいました。

そして何よりこの区間快速は運転パターンが多い多い!(笑) 同じ列車でも普通列車で走ってる区間と、快速として走っている区間では駅での放送内容が異なっている上に、それが1日1本の列車となれば収録も日を改めて行う必要もあります。さらに男声・女声両方収録する必要もあり、駅に収録に行ったはいいが収録でNGが出たりで・・・中々大変でした(汗)。今回はあくまで全「フレーズ」の掲載なので、細かい部分ではまだ収録できていないものもあり、特に南福岡駅は「二日市まで快速の」「博多まで快速の」等過去に消えたフレーズが復活しているので、特に重点的に収録していきたいと思います。

そんな多種多様な運転系統を持つ鹿児島本線の区間快速。今回全て掲載が完了したフレーズを、とくとご覧あれ!

・この列車は、途中、博多まで各駅に停車し、博多から快速となります。
・この列車は、途中、博多まで快速運転となります。博多から先は各駅に止まります。
・この列車は、途中、博多まで各駅に停車し、博多から福間まで快速運転となります。
・この列車は、途中、博多まで各駅に停車し、博多から二日市まで快速運転となります。

・この列車は、途中、福間まで快速運転となります。福間からは各駅に止まります。
・この列車は、途中、福間まで各駅に停車し、福間から快速となります。
・この列車は、途中、福間まで各駅に停車し、福間から久留米まで快速運転となります。
・この列車は、途中、福間まで各駅に停車し、福間から博多まで快速運転となります。
・この列車は、途中、福間まで各駅に停車し、福間から二日市まで快速運転となります。

・この列車は、途中、南福岡まで各駅に停車し、南福岡から快速となります。

・この列車は、途中、二日市まで快速運転となります。二日市から先は各駅に止まります。
・この列車は、途中、二日市まで各駅に停車し、二日市から博多まで快速運転となります。

・この列車は、途中、鳥栖まで快速運転となります。鳥栖から先は各駅に止まります。
・この列車は、途中、鳥栖まで各駅に停車し、鳥栖から快速となります。
・この列車は、鳥栖まで快速です。鳥栖から普通列車となります。(久留米駅限定)

・この列車は、途中、久留米まで快速運転となります。久留米から先は各駅に止まります。
・この列車は、途中、久留米まで各駅に停車し、久留米から快速となります。

・この列車は、途中、大牟田まで快速運転となります。大牟田から先は各駅に止まります。
・この列車は、途中、大牟田まで各駅に停車し、大牟田から快速となります。

今回区間快速運転開始に伴うフレーズは実に19種類!いかに運転パターンが多いかお分かり頂けるかと思います。もしかしたら、用意だけされて使われていないフレーズも存在する可能性もあるかもしれませんね。そんな中で1つ異彩を放っているのが、久留米駅で流れる「この列車は鳥栖まで快速です。鳥栖から普通列車となります」のフレーズ。これだけ何故か放送内容が他のものと異なっており、各駅に止まりますではなく、普通列車となりますと放送しているのが特徴。鳥栖まで快速だと通過駅が肥前旭だけなので、別のフレーズを用意したのかどうなのか気になるフレーズではあります。

区間快速と言えばまだ大村線の列車もありますので、大村線の区間快速も含めダイ改関連の音声も随時追加して参ります!

区間快速始動

色々と話題になったJR九州の2018年春のダイヤ改正、もといダイヤの見直しですが、いよいよ17日より新ダイヤでの運行が始まりました。実際に新ダイヤで運転を開始するや否や様々な意見が出ているようですが・・・それは置いておきまして、ここでは新しく設定された「区間快速」について自動放送的な面からご紹介していきたいと思います。

今回のダイヤ改正で新設された「区間快速」、名前こそ新種別となりますが、列車自体は今に始まったものではなく、かつて「快速(久留米まで快速)」や「普通(博多から快速)」などの様々な快速区間のパターンで運転されていた列車を、「区間快速」という名称に統一したものとなります。なので、快速区間に入る前の各駅停車区間でも、案内は区間快速と放送されるため、JR九州は快速区間を確認の上利用して欲しいとしています。昼間は主に博多~福間快速や、博多~二日市快速も走るので、普通列車しか停車しない駅では、区間快速しか来ない時間帯も発生し、利用者からすると少々ややこしいかもしれませんが、反面、途中から快速になる列車では乗換無しで行ける為、便利な場合もあります。

rapid-3.jpg
幕は、従来の快速区間を表示していた頃よりシンプルで見やすくなりました

rapid-1.jpg
発車標は、快速区間が表記されていますが、内容は駅によっても異なっています。(写真は久留米駅で、博多から快速のパターン)

そして放送はどのように対応するのかが焦点だったのですが、その答えは「区間快速」という種別パーツに加え、快速区間に関する案内フレーズが追加されたというものでした。例えば、今回掲載した久留米駅を例にすると、福間まで快速の場合は「この列車は途中、福間まで快速運転となります。福間からは各駅に止まります」のように、種別がどこで変わるのかが分かるような内容となっています。また、赤間駅では従来使っていた「○○まで(から)快速」というパーツも併用して放送している例もあります。また案内フレーズが入るのは案内放送と予告放送が基本なので、接近放送や発車放送は単に「区間快速 ○○行き」という放送になる駅が多いです。

今回は久留米駅を掲載していますが、久留米駅を発着する区間快速は全パターンフレーズを収録しておりますので、是非サイトの方でお聞き頂けたらと思います。また、区間快速のみならず、上り1本に激減した有明の放送も掲載しています。1本だけになったので号数設定が無くなり、放送も「有明」のみとなっているのが少し寂しいですね・・・。

今後も北九州地区や他の駅も随時追加していく予定で、もちろんダイヤ改正で登場した様々な列車の放送も掲載して参ります。

プロフィール

みどり18号

Author:みどり18号
みどり18号と申します。ここでは、駅の放送についてや、サイトで更新した内容の補足などが主です。尚、音声はサイトに掲載しておりますので、音声を聞かれます方は、リンクの「Portable recording 九州」からお入りください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード